活動紹介

第五回 ケトン食調理実習

image801.png

熊本大学医学部附属病院にて、平成29年6月30日に5回目のケトン食調理実習が行われました。
今回のレシピは「おからハンバーグ、大根サラダ、きのこスープ」です。

参加された方の感想

  1. 家で作った時には、パサついて食べづらかったのですが、今回、生地にMCTオイルを入れるなどのちょっとした工夫を教えてもらい、しっとりした「おからハンバーグ」になりました。これならば食べてくれると思います。
  2. 味がいいですね。満足です。
  3. 食べたあと、しばらくして胃もたれがしました。

栄養士の感想

 調理実習も5回目となると、皆さん手際がよく、8人分を1時間弱で終了することが出来ました。
 今回のメニューには1食に約40g のオイルを使っており、「おから」がオイルを吸収してくれるので、入っているオイルの量が見た目には分からず、つい普段のペースで食べてしまい、今回は胃もたれを感じられた方もおられました。この「胃もたれ」は、中鎖脂肪酸を含め脂質の摂取が増えることによる消化器症状です。特にもともと脂質の摂取量が少ない人は、腸管での脂肪吸収能力が低下しているため、症状が出やすいと言われています。
 しかし、これらの症状は食後に脂肪分解酵素を含む消化酵素剤を服用することで軽減できます。
腸管が高脂肪食に慣れるまでの一過性のものですので、安心してお召し上がり下さい。
 次回は、8 月を予定しています。調理実習ももちろん大切ですが、いろいろな事をお話ししながら一緒に有意義な時間を過ごしましょう。

(文責:前中あおい)

  • ケトン食について
  • ケトン食調理実習
  • 宅配食サービスケトン食の宅配食サービスについてはこちら
  • 低糖工房ケトン食をサポートしてくれる食品のご購入はこちらのサイトからです
Page Top